Fandom


バスカビルは『ONE PIECE』に登場する用語。担当声優は、右が大場真人、中央が園部啓一、左が服巻浩司

概要 編集

エニエス・ロビー裁判長。通称、「3つ首のバスカビル」。

ケルベロスのように3つの頭を持つように見えるが、仲良し3人組がくっついているだけ(具体的には真ん中ののっぽ男が左右の男を太ももに乗せており、その上からローブを羽織っている)。ちなみに腕は左右の男がアームを装着している。

向かって左のオカマのようなしゃべり方をするのが「バス」、同じく右のいかつい髭面の男が「カビル」。中央の立派な白髭を蓄えている男は「お姫さま」「中央フリーウェイ」「中央本線一人旅」などのボケ名乗りをかますが本名は不明。

レツゴー三匹の漫才のような会話を常に繰り広げる(中央の男がボケで他の2人がツッコミ。ツッコむ時は頭突き)。 裁判所まで走ってきたロケットマンの前に立ちはだかるが、3人とも轢かれてしまいあえなく戦線離脱した。 バスターコールによってエニエス・ロビーが陥落した後どうなったのかは不明。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。